ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 7話 ネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

可哀想な過去を持つ、ガリガリ娘が

愛しくてたまらない超人気作品のエロ漫画!

この記事では『ガリ娘』の7話のネタバレを書いています。

立ち読みがしたい方は上の画像をクリックしてどうぞ♪

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 7話 ネタバレ

石川は癒しのセックスのたびに指摘するのですが、

ナナは自分が太ったことを絶対に認めませんでした。

 

しかし、どうやらついにナナは自分が太ったことを認めることになります。

それはお風呂で癒しのセックスをしていた時の事。

 

久しぶりの風呂場での行為になりますが、

風呂場の堅いタイルの上では必然的にできる体位が限られてきます。

 

ナナ「どうしたんですか?石川さん。息が荒いですよ」

石川「いや・・・これ、俺がナナを乗せてるだろ?」

 

今日の二人の体位は座位。

石川はナナを膝にのせ、かつ、ナナの身体を支えています

 

当然、全体重が自分の腰にかかるわけです。

 

『すごく、重たいんだよ・・・』

 

一縷の望みをかけた主張。

ですがナナはどこ吹く風。

 

ナナ「おっぱいが大きくなったので少し重くもなりますよ」

 

しかしこれは、ナナが僅かでも認めた瞬間。

怒涛の勢いで石川は説明を追加します。

 

太くて腕が回らないこと、

まるで抱き枕のようだと。

 

 

太っていたら相手が疲れることをナナは知る

癒しのセックスなのに休憩が入るという不思議。

ナナは今までにない石川の姿に、さすがに気づき始めます。

 

石川「だって、シャツのサイズだってSだったのに今はLだろ?」

 

その事実にハッとするナナ。

癒しのセックスなのに相手を疲れさせては本末転倒だ。

 

ナナ「どうすればいいですか?」

石川「ダイエットしようか・・・!さすがに!」

 

最後まで自分が太ってないと思い込むナナでしたが、ついにダイエットを了承。

石川もそれに付き合うことにします♪

 

夜の公園をランニングしてるだけなのに興奮するナナ。

夜の公園で順調にランニングをするナナと石川。

ですが、ナナは走っている最中に興奮してしまいまうs。

 

なぜなら走ることによって自分の胸が揺れるから。

こうなると家に帰るまでナナは待てません。

 

ナナの身体のほてりが収まるまで付き合うことになります。

公園の奥。またはトイレの裏など、人目に付かないところで二人はプレイにいそしみます。

 

外でのセックスはナナを激しく興奮させ、

1回や2回では終わらないほど、2人は激しく求め合います♪

 

 

7話のネタバレまとめはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です